睡眠薬の副作用は危険?睡眠薬の効果と危険性とは

睡眠薬は眠れない時にはとても効果があるお薬です。人は疲れすぎても眠れないことがあって、精神が興奮した状態で体だけ疲れているということもあります。そういう時に頭の興奮を抑えて、眠れるようになる睡眠薬はとても有効なお薬です。

 

睡眠薬の種類は多く、それぞれの症状や効果によって処方されます。代表的な睡眠薬としては、マイスリー、ハルシオン、レンドルミン、ルネスタ、ロヒプノール、サイレース、ドラール、ネルボン、デパスなどがあります。こういった睡眠薬を服用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、睡眠薬を飲み続けているといろいろな副作用が出てくることも少なくありません。一番多いのは、昼間の眠気です。夜寝る前にお薬を飲んで寝たら、朝起きても、まだ眠気が残って、活動ができないという副作用があります。

 

睡眠薬の眠さはコーヒーを飲んだくらいでは取り除くことができないほど眠いもので、本当にぼーっとなって、何もできないような感じになってしまいます。

自分ではしっかりしているつもりでも、足元がふらついたり、クラクラしたりして、時には倒れてしまうようなこともあります。特に睡眠薬を飲んだ後で、夜中にトイレに立ったりすることがある人は、副作用でふらつきが出ますから、かなり気をつけなければなりません。

睡眠薬は飲み続けているとなかなか効かなくなってしまって、飲む量が増えてしまいます。これを耐性といいます。それで副作用もひどくなることがあります。お薬の量が増えたら、依存性・離脱症状など、それだけ副作用も大きく出ることになるので、しっかりと自分を管理する必要があります。

本当はお薬を飲まなくても眠れるのが一番いいのですが、不眠症の場合はお薬を飲んででも眠ったほうが体をいたわることになるので、睡眠薬を服用するのは正しいことだと言えます。

睡眠薬を飲んだ後は、言葉がマメラなくなって、ちょっとラリったような感じになります。睡眠薬を飲んだ後はすぐに眠ったほうがいいのです。酔っ払いのような感じになって、記憶が飛んだり、ろれつが回らなくなったり、足元がふらついたりしますから、とても気をつけなければなりません。

 

特に足元のふらつきは危険なので、注意しなければなりません。日中でもふらつくことがありますから、睡眠薬が増えた時などは特に注意することが必要です。

 

すべきことは睡眠薬を飲む前に済ませておいて、寝る前になって、もう何もしなくてもいいという状態になってからはじめて睡眠薬を飲むようにするといいのですが、どうしても夜中にトイレに起きたりする人や、突然の電話で目が覚めたりした時には、かなり気をつけなければなりません。

 

ろれつが回らず変に思われたり、足元がふらついて転んだりすると非常に危険ですし、怪我をしかねないので、十分に気をつける必要があります。

 

睡眠薬は眠れるようになるだけでなく、抗不安作用などの効果もあるため、依存してしまうパターンが多いです。

 

睡眠薬の効果に依存せず、自然と眠れるようにしていくことが生活をしていく上では必要です。

 

うつ病などが原因の不眠症は根本から改善することは難しいですが、できるだけ睡眠薬に依存しないで改善していきましょう。